龍谷大学理工学部物質化学科
中沖研究室
  
中沖研究室 Japanese | English
環境に優しい高分子材料の開発と高分子の分子構造解析を行っている研究室です!
  研究室の概要
2022年3月24日追いコンの代わりのボーリング大会
龍谷大学ホームページ  
  研究 / 装置
  講義とシラバス 理工学部
  学術論文など 物質化学科
  学会発表 龍谷大学革新的材料・
プロセス研究センター
  委員会関係
  卒業生の進路 高分子学会
  リンク 繊維学会
  教養講義、
    高校模擬授業
    
中沖研究室 M2の伊藤君のイタリア・サレルノ大学留学報告記2022年度
    

TOEIC練習問題 
研究室の動き [最近の動画]
2022年6月14日:繊維学会の学生ん学生の感想

2022年5月26日:課程用のweb試作

 2022年4月22日:研究室スタート

[主な研究成果と研究課題]
 菜種油からバイオプラスチックの生合成
    菜種油をはじめとする植物油(廃油も含まれます)から微生物を用いてポリ(3-ヒドロキシアルカノエート)というバイオポリエステルの生合成に成功しました。石油由来のプラスチックではありませんので、環境に優しいプラスチックで生分解性も有しています。
 
発酵バイオエタノール水溶液からの高純度エタノールの分離
    お酒のように発酵によりエタノールを得ることができますが、エタノールの濃度はあまり高くなく80%以上は水です。エタノール水溶液からエタノールの分離は蒸留法でもできますが、エネルギー効率が悪いのでシンジオタクチックポリスチレンという高分子膜を使うことでエタノールの分離に成功しました。
(環境に優しいプラスチックの研究をしたい学生さん歓迎です。また企業との共同研究も歓迎しています)

[トピック]
◆ 2022年8月26日:「生分解性プラスチックの基礎と最新動向〜生分解性高分子の歴史的背景と合成手順、分子鎖の構造・物性〜」情報機構セミナー・ZOOM
 
生分解性プラスチックの基礎から応用まで講演します。

◆ 2022年5月17日:伊藤君のポリビニルアルコールの研究成果が
Macromolecular Symposia.に掲載可になりました 
 ポリビニルアルコールの凍結解凍ゲルを通して作製したフィルムの超高強度化に成功しました。 "Mechanical properties of polyvinyl alcohol stretched in water as a plasticizer"

◆ 2022年3 月4日(金):
「ものづくり先端技術セミナー・バイオプラスチック材料への期待と将来展望」京都府中小企業技術センター・対面とオンライン併用
 近年目を集めているバイオプラスチックについて平易に解説します。

◆ 2022年2 月25日(金):「高分子材料の物性分析、分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用」サイエンス&テクノロジー・ZOOM
 高分子固体構造について初心者向けに丁寧に解説します。

◆ 2019年9月2 日:安居君と小前田君の研究
Journal of Polymers and the Environmentに掲載可になりました 
 
eutrophaを用いたバイオプラスチックの二元および三元ブロック共重合体の生合成の研究成果が論文になりまいした。

[学会・研究会]
◆ 2022年6月8日ー10日:繊維学会(タワーホール舟堀(東京)・ハイブリッド)):M1の4人が口頭発表
◆ 2022年7月15日:高分子研究発表会神戸(兵庫県民会館):M2の4人が口頭発表
◆ 2022年9月5日ー7日:高分子討論会(北海道大学)M2の3人とM1の4人がポスター発表

[研究室]   

(在学中はweb掲載すことの了解をとっていると思いますが、その後就職して削除した方がいいページが出てきたら連絡してください。)
2022年度
以前の研究室
同窓会
 同窓会記録
学生の留学
カリフォルニア大学
  デービス校留学(学生)
招待講演・依頼講演
龍大で開催した講演会
海外からの講演
基礎講座












   【連絡先】

   〒520-2194

   滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5

   龍谷大学先端理工学部応用化学課程

   TEL : 077-543-7661 (直通)

   FAX : 077-543-7483(学科事務室)

   e-mail : nakaoki@rins.ryukoku.ac.jp