IWASAWA group
岩 澤 研 究 室 か ら の ご あ い さ つ
当研究室では令和元年から、未来の科学技術を下支えするマテリアル・分子状炭素物質の研究に着手しました。そのきっかけは、過去にいくつかの企業さまが苦労されていた「ジベンゾ[g, p]クリセンの易溶化・官能基化・量的供給」を達成・報告したことでした。現在、この成果を礎にして、『新物質で知財を作り、世界を変え、歴史を創る』をスローガンに、新分子の創製研究を進めています。その先に目指すゴールは「未来社会の一隅を照らす」という志、および「所属院生一人一人の自己実現」という夢、この二つです。

当方の強みは、薬学有機化学の得意とする精密有機合成を核とした「プロセス化学的な実験技術」です。所属院生に対する指導においては、この点に注力した研究教育を行っています。当方の院生はM2にもなりますと、プロセス化学企業の現場で通用する技術を身につけます。そうした技術を活かして論文発表等を行い、応用に直結可能な基礎研究を修めます。当方は、確かにハード面において決して恵まれた研究環境にはなく、修士課程へ進学する学生すら多くないのが実際です。この現実を受け止め「我々に何ができるか?何を知りたいのか?」を考え、努力を続けてきました。

有機合成における実験活動は、多くの学問分野の中でも「頭と体の両方をフルパワーで使う」数少ない領域であろうかと思います。また、どんな学生でも、本気にさえなれば、必ず個性を発揮できる場面が存在します。例えば、「カラム精製が得意」「再結晶操作が得意」「辛抱強く取り組む」等々。自分にしかない可能性を見つけるのにふさわしい学問かと思います。2009年に龍谷大学に赴任してから今日まで、研究室活動を継続することができたのは、ひとえに、努力できる学生らと一緒に成長できたからであると思います。これからも努力を続けます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
院 生 か ら 配 属 前 の 後 輩 へ の メ ッ セ ー ジ
向き・不向きよりも前向きに!!ネガティブにならずに明るく取り組める!!そんな学生(後輩)たちと出会って一緒に実験したいと思います。私たちは、いついかなる時でも、真剣に実験・研究に向き合っています。時には、実験が上手くいかずに遅くまで時間がかかったり、学生同士の意見が異なることもあるとは思います。けれども、それもお互いが本気で取り組んでるからこそ見えてくる我々チームの良さです。そんな時は一緒に前を向きましょう!隣を見れば頼れる先輩がいつでもいます。成績なんか関係ありません!チーム一丸となって人間関係を構築し、3年間私たちと共に本気で実験に没頭してみませんか?そうすれば、やりたいことが見えてきたり、自分自身に気付いたり、成長を自分で実感できたりと色々な発見に遭遇します。実験の面白さとは、上手くいかなくても諦めずに繰り返せば、突然サヨナラ満塁ホームラン並みの成果が飛び出してくることだと思います。そんな貴重な経験は、短い研究室生活の間では、二度と経験できない自分だけの財産になります。研究室活動を自分の力でより良いものにするためにも、一度、1-201,239を訪れて、本物の実験風景に触れてみてください。いつでもお待ちしています!

学生の一日の流れや、配属説明会に使用した資料について下記リンクにて載せています。ぜひご覧ください!
配属を考える3回生へ
配属説明会の動画はこちら↑
News Older News 過去の出来事やお知らせ
210727 第31回 基礎有機化学討論会にて、赤阪、吉田なるがポスター発表予定です。
        2021年9月22日(水) 2P092 ポスター発表(16:30~17:20、オンライン)
        「ジベンゾ[g,p]クリセンの簡便合成と選択的官能基化とねじれ角の拡大
        〇赤阪龍平、岩澤哲郎
        2021年9月22日(水) 2P121 ポスター発表(16:30~17:20、オンライン)
        「キャビタンド型ブレンステッド酸の新規合成と共役付加反応における選択性制御能」
        〇吉田なるひろ、岩澤哲郎

210717 卒業生の辻村さん (K社・M崎さんもお勤めされている) が来訪されました!シュークリームをたくさん差し入れてくださいました!ありがとうございます。懐かしい話に花が咲きました!また、いつでも来てください!
210715 
昨年度卒業したYFさんとKSさんから先生宛てにお手紙付きでお中元をいただきました。みんなでいただきました!ありがとうございました!Photos update.
210715 
昨年度卒業したYFさんとKSさんから先生宛てにお手紙付きでお中元をいただきました。みんなでいただきました!ありがとうございました!Photos update.

210714 昨年度卒業したYFさんとKSさんから研究室宛てにお中元をいただきました。美味しかったです。ありがとうございました!Photos update.
210713 Our full-paper of Tetrahedron has been accepted for publication, now in press, entitled with "Relevant Analysis to the Productivity in Selective Synthesis of Dibenzo[g,p]chrysene Derivatives." Congratulation! Publications update.
210713 藤居さん・田口君・東海君・松本君・吉田なる君の投稿論文が受理されました。おめでとうございます。非対称な構造をもつ9-フルオレノンの二量化反応によるジベンゾクリセンの選択的生成に関する洞察・反応機構に関する論文です。生データの指摘による学び、反応機構に関する指摘をもとにした学び、厳しい評価もあって難産でしたが大変良い勉強になりました。コロナ禍にもかかわらず、本当によく頑張って実験をしてくれた藤居さん・田口君・東海君・松本君・吉田なる君の成果です。おめでとうございます!
210629 
K社へ入社したTさんとオンラインで企業紹介とご挨拶を行いました。ありがとうございました!

210626 万有札幌シンポジウムにオンライン参加しました。大変勉強になりました。ご講演頂いた先生方、ありがとうございました!
210626 超分子化学研究会シンポジウムにオンライン参加しました。大変勉強になりました、ありがとうございました!
210619 坂尾先輩がラボに訪ねて、沢山の差し入れをくださいました。ありがとうございました、また来てください!!!
210605 第31回万有福岡シンポジウムにオンライン参加をしました。野依先生をはじめご講演頂いた先生方、ありがとうございました。
210515 第32回万有仙台シンポジウムにオンライン参加をしました。大変勉強になりました。ありがとうございました。
210514 
本日研究室配属説明会がオンラインで開催されます。少しでも興味のある学生は、こちらをクリックしてみてください。
210508 
慶應義塾大学有機化学若手シンポジウム(第8回)にオンライン参加をしました。大変勉強になりました。オンラインの恩恵です。

210425 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、実験室のスペースと人数の問題を考えますと、残念ながら研究室活動を縮小せざるを得ません。ご賢察ください。
210421 
本学のニュースセンターから発信される情報を、適宜ご確認くださいますようよろしくお願いいたします。
URLはこちら (https://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-5415.html)。

210420 Thanks! Congrats to NY and SK Update Publications.
210420 Update publications. Thanks! 
 
210402 赤阪君、大学院入学おめでとうございます!よろしく!Photos Update.
 
210319 卒業式が挙行されました。おめでとうございます。またいつでも研究室に来てください!ご活躍を祈念しております。Photos Update..

210225 日本化学会 第101春季年会にて、上口、吉田尚樹、赤阪、丸山が発表予定です。
     
  3月19日 A16-1pm-02 スライド発表 (13:10~13:20) (オンライン)
        「有機溶媒によく溶けるジベンゾ[g, p]クリセン誘導体の簡便な単一合成法の開発」
        〇上口新祐、岩澤哲郎
        3月19日 A16-1pm-10 スライド発表 (1430~14:40) (オンライン)
        「ジベンゾ[g, p]クリセン骨格の位置特異的な四臭化反応の開発」
        〇吉田尚樹、岩澤哲郎
        3月19日 A16-1pm-12 スライド発表 (14:50~15:00) (オンライン)
        「ジベンゾ[g, p]クリセンに複数のヒドロキシ基を選択的に導入する方法の開発」
        〇赤阪龍平、岩澤哲郎
        3月20日 P03-2am-36 ポスター発表 (9:40~11:00) (オンライン)
        「キャビタンド触媒がもつ分子空隙を用いた位置選択的水和反応とその構造活性相関」
        〇丸山知之、岩澤哲郎

210219 
今日はM2の修論発表会でした。3年間の集大成を思う存分発表できました!! Photos Update.
210216 今日は中間発表会人目のM君は堅実トーク、二人目のK君は颯爽トーク、三人目のT君は絶妙トーク、四人目のT君は大胆な反応機構トーク、そしてトリのY君は慣れない
真面目トーク。過去
10年で最も安定した世代のプレゼンだったと感じました。頼むよ来年!!
 

210126 第101春季年会の講演番号を更新しました。よろしくお願いします。
210114 Members Update!  

210108 SK君が主体となってリスクアセスメント講習会を、NY君が主体となってハロゲン系溶媒に対する安全講習会を行ってくれました。配属されたばかりの3年生に対してもわかりやすく安
全について学ぶことができました。ありがとうございます!

210106 新年明けましておめでとうございます。2021年は昨年よりも良い年にできるよう頑張りましょう!

total カウンター