mainImage

研究テーマ

-生体超分子化学-

 生体内では多くの分子が互いに手を取り合って集まり、ある決められた分子の配列をもった分子集合体をつくることによって優れた機能を発揮しています。このように、分子は適切な位置に並べられることによってその性質を大きく変え、新しい機能を持つことができます。こうした”超分子”の科学は、生物のみならず、私たちの身の回りにある新しい材料の開発にも活かされています。特に、生物が持つ分子とその分子集合体の研究はこれまでにない新しい機能を持った分子システムを創製できる可能性を秘めており、また自然環境にもやさしい材料・プロセスの開発にもつながると期待されます。
 当研究室では、クロロフィル(色素)、ペプチド、脂質など、生物がもつ様々な分子を使って、新しい分子、新しい分子集合体を創ることによって、太陽光を効率よく吸収できるシステムや、分子を見分けるセンサーなど、高い機能を持った超分子システムの創製を目指しています。

 

メインメニュー

リンク

龍谷大学

龍谷大学 物質化学科

大学院 物質化学専攻

HRC

連絡先

〒520-2194
大津市瀬田大江町横谷1-5
龍谷大学理工学部 物質化学科
龍谷大学瀬田キャンパス
1号館 207号室
TEL 077-543-7467
FAX 077-543-7483

PageTopへ