HOME > 成果&報告:プログラム体験者の声

成果&報告

プログラム体験者の声

UCDavis

博士後期課程2年 近藤貴行

英文での研究論文作成のスキルが身につきました。

私は、博士前期課程の時に1年間、UCDavisへ留学し、Munir教授のもとで、ゼミ、セミナーや共同研究に参加しました。今回始まったテクニカルライティングIでは、英文添削を通じて英語ライティングに必要なスキルを身につけられるように工夫されていて、英語での研究論文作成に役立っています。


博士前期課程2年 山下功太郎

世界各国の研究者との交流や、日本とは異なる文化・習慣に触れ、
貴重な経験ができました

私は博士前期課程2年生の秋から半年間UC Davisで交換留学生として、Stroeve教授のもとで研究を行うという貴重な体験をさせていただきました。留学を通して化学の研究や英語の学習だけでなく、世界の他の国の人々と知り合うことができ、また多くの国の文化や習慣を知ることができました。日本の研究室の場合と比較して異なることが多々あり、最初は苦労しましたが、日本に居たときとは異なる貴重な体験ができたことに深く感謝しております。


博士前期課程2年 西村拓也

日本と異なる文化・スタイルに驚きと刺激を受けました。

私は半年間、UCDavisへ留学しました。ホームステイを通し、外国での生活や文化を学ぶ事ができました。龍谷大学とUCDavisの研究室では研究の進め方というところでは共通する部分もあり、違和感なく研究を進めることができました。 UCDavisの学生は食堂・外のベンチ・芝生・バス停などあらゆる場所を勉強場所にするなど、勉強スタイルの違いが見られました。 このような日本とは異なる勉強スタイルやその熱意に驚きと刺激を受け、充実したプログラム体験となりました。


その他受講生の声

 

  1. 指導教官の先生とのディスカッションを繰り返すうち、英語でのコミュニケーションに慣れることができました。
  2. 研究室で英語でのプレゼンテーションがあり、大変苦労したが、うまくまとめることができました。
  3. 研究はもとより世界各国から来られた研究者や大学院生の方との交流を通して異なる文化・習慣を肌で感じるとともに、英語を通して意思疎通ができることの素晴らしさを学びました。

RUBeC

博士前期課程2年 織田 あさ美

ネイティブの英語に触れ、充実した貴重な体験ができました

私は、2週間という期間ですが、龍谷大学北米拠点でRUBeC演習を履修しました。今回、初めての海外ということで不安なことも多々ありましたが、ホームステイ先の家族との交流やアメリカの文化に触れ、貴重な経験ができました。 テクニカルライティングでは、日本人がやってしまいがちな間違いについても教わり、非常に勉強になりました。 単数形の名詞にはほぼ全部に冠詞が必要であること、受動態はあまり使わないことなどに大変驚きました。プレゼンテーション特論では、自分の研究内容を英語で発表することを目的とし、発音や自己紹介、会話の練習を行いました。先生方はアメリカの方で、授業中は全て英語で行われ、毎日英語に触れることで少しずつ聞き取れるようになり、徐々に先生と会話することもできるようになってきました。この2週間で得たとても貴重な経験を今後、何らかの形で生かしていけるよう努めたいと思います。


博士前期課程2年 北川 悟

海外での生活を体験し、自信がつきました

現地での授業やhomework は大変でしたが,ホームステイでの滞在などで、外国の方々や文化に触れる機会もあり、実に新鮮な日々を過ごせ,自分自身を成長させてくれるよいプログラムでした。滞在中に思いもよらないことも起こりましたが、言葉が通じにくい環境の中、それを 乗り越えた経験を得ることで自信がつきました。RUBeC 演習を終えて、論文の書き方や発表の仕方を学んだだけでなく、海外で生活することでその土地の文化や考え方を学ぶことの大切さも知りました。


博士前期課程1年 西村拓也

コミュニケーションのスキルを向上でき、国際学会での発表にも役立てられます

環境問題に積極的に取り組む企業や公的機関を実際に訪問し、取り組みについて触れることがで きたのはいい経験になりました。また、テクニカルライティング・オーラルプレゼンテーション能力を磨くトレーニングができたことは、国際学会でのコミュニケーションなどに役立てられると思います。授業では、日本とは異なり、積極的に発言を求められる点は刺激になりました。ホームステイでの生活も不自由なく、海外経験の浅い参加者には良かったと思います。


その他受講生の声

 

  1. 2週間で英語をすらすら話せるようにはなりませんが、リスニングのスキルは確実に向上しました。
  2. 英語論文を書くときの、文章の組み立てを意識できるようになった。
  3. 冠詞の使い方など文法上で気をつけなければならないことを学んだ上で、自身が書いた英文を添削することができ、非常に有意義であった。
  4. プレゼンテーションの演習では、英語の発音やアクセントをチェックされ、何度も練習することで上達することができた。
  5. 自分の考えを英語で説明することの大切さを実感するとともに、コミュニケーションスキルも身につけることができた。
  6. 初めての海外渡航で不安もあったが、実際に外国での生活を経験することで不安が取り除けた。
  7. プロジェクトの遂行には、そこに関わる人々の意識を高めることが成功の鍵になることを学びました。
  8. 他社にはない独自のサービスを構築することが、ビジネスの成功につながることを学びました。

瀬田学舎

<共生学特論>

  1. この講義がなければ、共生の思想や倫理観について自ら考えることはなかったと思うので、大変良い機会であった。
  2. 東洋の思想に基づいた共生の考え方を身につけることができた。
  3. データの捏造など技術者倫理に関わる過去の事例をケーススタディとして学び、自分自身の考えをまとめる良い機会となった。
  4. 倫理観を培うことが、社会で仕事をしていく上で大切であることを再認識した。
  5. 技術者倫理に関する事例を題材にグループディスカッションすることで、いろいろな意見にふれるとともに、解決策を提案することを体験できたことは、将来に役立てられると思う。

<プロジェクト企画特論T>

  1. 外部の企業の方から実際に話を伺うことで、研究開発に取り組む姿勢や、どういった視点からテーマを設定するのかを知ることができた。
  2. どのようなプロセスを経れば、製品開発に結びつくのかを知ることができ、また、大学での研究と企業での研究開発の取り組み方の違いなどを学ぶことができた。

<英語プレゼンテーション特論>

  1. この演習を受講するまでは、英文を読むことだけに時間を割いていましたが、英文を書く機会を得ることができて、良かったと思います。
  2. 実際に英文を書く時に必要な英文の表現を多く学ぶことができた。
  3. 講師がネイティブの先生なので、リスニングの勉強にもなった。
  4. 演習中に当てられて英語で答えることも多くあり、緊張感をもって望むことができました。

<テクニカルライティングT>

  1. 英文添削を通じて英語ライティングに必要なスキルを身につけられるように工夫されていて、英語での研究論文作成に役立ちました。


このページのTOPへ


Copyright(C) 2008 Ryukoku University All Rights Reserved

龍谷大学 理工学部物質化学科・理工学研究科物質化学専攻
〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5
TEL:077-543-7731(理工学部教務課) FAX:077-543-7749
E-mail:rikouad.ryukoku.ac.jp