HOME > ご挨拶:学長&実施担当代表者あいさつ

ご挨拶

学長&実施担当代表者あいさつ

学長あいさつ

学長 若原 道昭

学長 若原 道昭

建学の精神に基づくこのプログラムに期待を寄せて

龍谷大学は、1639年(寛永16年)、西本願寺の僧侶養成校である「学寮」にはじまります。浄土真宗の精神を建学の精神としており、21世紀の大学像として、「共生(ともいき)を目指すグローカル大学」を標榜しております。

本学は、わが国の仏教系総合大学の中で理工系大学院を擁する唯一の存在です。仏教の共生観や考え方を基にグローカルに貢献し得る専門知識・応用能力を身に付けた高度な技術者の養成を目指した理工学研究科物質化学専攻のプログラムが、わが国の理工系大学院の教育の実質化のモデルとして貢献できれば幸いです。


実施担当代表者から

理工学部教授 大柳 満之

理工学部教授 大柳 満之

東洋の倫理観を身に付けた技術者養成を目指して

21世紀を迎え、地域だけでなく世界の各地で囁かれている倫理の希薄化が、紛争、エネルギーの枯渇や環境破壊に至るまで、様々な課題を生み出してきました。本学では、合理主義のみを貫くのではなく、日本の文化・風土に溶け込んだ浄土真宗の精神に基づいて、教学を展開しております。
理工学研究科・物質化学専攻では、ものづくりやエネルギー・環境課題に従事する科学技術者を養成し、その行動規範となる東洋の倫理観を身に付けた世界で活躍できる人材の育成を期待して、このプログラムを提案しました。


このページのTOPへ


Copyright(C) 2008 Ryukoku University All Rights Reserved

龍谷大学 理工学部物質化学科・理工学研究科物質化学専攻
〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5
TEL:077-543-7731(理工学部教務課) FAX:077-543-7749
E-mail:rikouad.ryukoku.ac.jp